F1グランプリの開催国数

F1グランプリは、一年周期でレースの日程が組まれ、毎年同時期に同じサーキットで開催されます。毎年約20レースが行われ、開催国数もレース数と同じく約20カ国です。例えば日本の鈴鹿サーキットは、10月の初めにF1グランプリが開かれます。

F1マシンと市販車の違い

力強い馬力と安定のためのタイヤ

F1マシンは、レースに特化した車なので、耐久力よりもスピードが重視されます。そのためエンジンは、とても強力なパワーを生み出すように調整されています。またタイヤも市販車とは違い、道路とタイヤが噛み合うような構造をしていて、耐久性が極端に低い代わりに転倒やスリップを避ける構造になっています。

航続可能距離を重きを置く

それに対して市販車は、コスパが重要です。制限速度がある公道では、強力な加速は不要なのでエンジンの力も弱く設定されています。そしてタイヤは、出来るだけ耐久力を上げて、タイヤの劣化による事故を極力減らせるような作りをしています。

ベルギーグランプリの観戦はツアーで参加しよう

車

F1観戦ツアーをネットで予約する方法

F1グランプリは三日間にわたり同じ場所でイベントが行われることや、海外にも惜しみなく観戦しに行く熱狂的なファンが多いことから、ツアーが組みやすいイベントです。インターネットで観戦したいグランプリ名で検索すれば、それを観戦するツアーが表示されます。行きたいツアーが決まったら、旅行会社に会員登録を行って個人情報を入力することでネット上でもツアーへの申し込みが可能です。

レースの日程を事前に把握する

F1グランプリは一日目がフリー走行、二日目が予選で、三日目に決勝があるので、全て見たい方は最低四日、遠くまで観戦に行くなら六日から七日の連休をとる必要があります。なので観戦したいなら、事前に開催日を把握して休暇をとっておくことが必要です。グランプリの開催日は、毎年同時期とはいえ細かい日程は変わるので、注意しましょう。

観戦チケットの価格を紹介

観戦チケットの値段は、観戦席の質によってかなり変わります。ベルギーグランプリの場合、ゴールド観戦席は一日のチケットで約8万円ですが、ブロンズ観戦席なら値段は1万円以下です。この値段はサーキットの眺めやジャイアントスクリーンとの距離から設定されているので、観戦席の位置も考えながら最適だと思う席を予約しましょう。

ホテルからサーキットまでの移動手段

駐車場は空いていない可能性や無い可能性があるので、基本的に車という移動手段はやめておきましょう。個人で観戦に行くなら、バスや電車などの公共交通機関を利用してサーキットまで移動できます。またツアーで観戦に参加している場合は、ホテルからサーキットまで貸切バスを出してくれるので、それに乗ればとても楽です。

チケット予約から観戦までの大まかな流れを覚える

観戦席のチケットを予約したら、F1グランプリの開催日まで待ちます。サーキット近くの都市に移動するのは、開催日前日にし、前夜はホテルで休むと良いです。当日は現地で迷子にならないために、よくサーキットまでの道のりを調べ、覚えておきましょう。

[PR]F1ツアーはベルギーで決まり!
WEBからパパっとお申込み☆

広告募集中