楽々ウォークを実現|快適に過ごすために変形性膝関節症を改善

膝が痛くて歩けない

膝

変形性膝関節症は膝の関節に水が溜まって痛む病気で、加齢のほか外傷や関節炎・肥満などもリスクを高める要因になります。悪化する前に予防することが重要であり、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリが活用されます。

More Detail

日本人に多い膝の疾患

メンズ

発生原因と特徴

関節には、骨と骨の間でクッションの役割を果たしている関節軟骨が存在します。この関節軟骨が何らかの原因によって磨り減ると、関節に様々な障害を引き起こします。そして、膝関節がこのような状態になっている場合には変形性膝関節症と呼ばれます。変形性膝関節症は発生原因によって一次性と二次性に分類されます。加齢、肥満、筋力低下などで発生するものを一次性、病気や怪我によって発生するものを二次性と言います。変形性膝関節症は非常に身近な疾患と言われているため、関連グッズの販売も多くなっています。特に人気なのがサプリメントです。膝関節の健康を保つために有効とされる成分が配合されています。膝に痛みが出ている時や、症状が現れる前に予防として用いる人が多く見られます。楽々ウォークを実現させれば、散歩も楽しめるでしょう。

患者数は増加傾向にある

変形性膝関節症患者は女性ホルモンの影響や筋肉量が少ないことなどから、女性のほうが多く発症すると言われています。女性は50歳代から患者数が増加し、男性の場合には60歳代から増加します。また、65歳を過ぎると全体の患者数が急激に増加します。高齢者の増加に伴い、患者数も増え続けています。また、40歳代未満の若い世代での肥満や筋力低下が増えているため、変形性膝関節症の低年齢化も起き始めています。最近では、子供の身体機能低下や筋力低下などが非常に問題になっています。これを解決しない限り、変形性膝関節症の患者数も増え続けると考えられています。サプリメントの摂取を毎日の習慣にして、健康的な毎日を送りたいものです。

ひざの軟骨を再生させる

関節

ひざは生活する上で重要なものですが、変形性膝関節症は年齢を重ねるにつれて誰でも起こり得るものなので改善や予防をすることが必要になります。変形性膝関節症であるかは病院で検査をしないと分かりませんが、ひざの痛みを感じる前にグルコサミンなどを取り入れると良いと思います。

More Detail