楽々ウォークを実現|快適に過ごすために変形性膝関節症を改善

ひざの軟骨を再生させる

関節

摂取はサプリメントでする

変形性膝関節症は加齢と共に発生しやすいもので、これによりひざの痛みを感じるようになります。ひざにある軟骨は歩いたり座ったりなど日常の中ですり減るのですが、体内には軟骨を修復する力だあるのですり減りを自力で戻します。しかしその力は加齢と共に弱くなるため、高齢者が変形性膝関節症になることが多いのです。近年は変形性膝関節症を改善するために有効な物質が発見されており、それらを摂取するための商品も多く出回っています。物質としてはグルコサミンやコンドロイチンといったもので、知っている方も多いと思います。食べ物からの摂取は難しくサプリメントでの摂取が勧められているので、痛みを感じている方も予防の場合でもサプリメントで摂取する方が今後も多いと思います。

気長に完治を目指す

変形性膝関節症に対してグルコサミンやコンドロイチンが有効でありますが、根本的に治すためには長期的な摂取が必要になります。痛みがなくなるといった表面的な効果の実感は2週間までに感じる方が多いとされますが、軟骨の再生には時間がかかるので長期的に摂取し続けないと痛みが再発することがあります。痛みがなくなったからもう大丈夫ではなく、軟骨が再生して変形性膝関節症が完治するまではグルコサミンやコンドロイチンの摂取は続ける必要があります。また、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取すると効果が上がります。自分が変形性膝関節症なのかは自分では分からないものなので、ひざの痛みが出たり治まったりを繰り返す場合は病院で検査をしてもらうと良いと思います。