楽々ウォークを実現|快適に過ごすために変形性膝関節症を改善

予防に期待されています

関節の痛み

更年期後の女性に多いです

高齢者が増えるようになってきたことで、変形性膝関節症を患う人が多くなり始めました。変形性膝関節症を患うと、関節軟骨の変性や骨棘の形成などが発生して、歩行時の疼痛が発生します。歩行時の疼痛が著明になると、活動量が減少して、社会生活にも影響するようになります。そのため病態をいかに進行させないかが、いちばん大切になるのです。このような変形性膝関節症は、更年期後の女性に多いという特徴があります。女性が更年期を迎えると、月経が終了するために、急速に女性ホルモンの分泌量が減少します。そのため変形性膝関節症の要因の一つとして、女性ホルモンが指摘されるようになりました。そのため、医療機関でホルモン補充療法などを行っている方は、変形性膝関節症に悩まされる方が比較的少ないと言われています。

骨に作用する成分

膝が痛むことで生活の質が低下し、気分の消沈や意欲の減退などうつ病にもつながってしまうのが変形性膝関節症の恐ろしい点です。しかし、日頃からできるサプリメント利用で、痛みを和らげることが可能なのをご存知でしょうか。例えば、テレビなどでよく耳にするグルコサミンやコンドロイチンが、変形性膝関節症の痛みを緩和してくれます。どちらも骨に作用する成分であり、加齢によって体内から失われやすいものです。摂り入れることで膝や肘など関節の骨を丈夫にしてくれるので、痛みに悩まされる方は試してみるとよいでしょう。サプリメントの良い点は、コンビニでも購入できることです。24時間手に入るため、病院に行く時間のない方でも気軽に利用できるでしょう。